スタッフBlog
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 45 | 46 | 47 || Next»
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「かつお」:2016 05/05

春の初がつお、秋の戻りがつお、どちらも美味しいですよね。

たんぱく質やタウリンが豊富です。

元気と血を補い、血流を良くします。
利尿作用や胃腸の働きも助けます。

食欲が落ちて、元気が無いときにもオススメですよ。
生で食べるときは、しょうが、ネギ、ニンニク、シソなど薬味をたくさん添えるのがオススメです。


スタッフBlog >日々是漢方生活

店長の独り言 5月:2016 05/03

4月から3人の子供達が全員こども園に通うようになりました。

月曜日の朝は昼寝の布団が3人分あるので、とんでもない荷物の多さです。
金曜日のお迎えもすごい荷物です。
朝から泣き叫ぶ娘や、着替えを嫌がる次男との格闘です。
こうやってみると長男はさすが一人で着替えもできるし、手がかからなくなっているのに驚きます。

慣らし保育の間は、一番下の娘が昼寝をしないからと呼び出されたりしました。
娘はお母さんから離れると大泣きします。
とっても心配でしたが、最近ではもう登園で泣くことはあまりありません。

熱を出したり、喘息気味になったりで、全員揃って登園できない日も多くて、妻はなかなか仕事に行けない日が続きました。
妻の仕事の都合もあって、一日だけですがボクが長男を連れて仕事に来た日もあります。
ボクは初めて家庭訪問を経験しました。一日で3人です!!

月から金まで、3人が休まずに登園できた週は安堵感がありました。
毎朝、ヒヤヒヤドキドキしながら体温を測る日が続きます
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

「5月の生活のヒント」:2016 05/01

 ツツジがきれいなGWを過ぎると、暦の上では夏(立夏〜立秋の前日)とされています。
 初夏に養っておきたいのは、五臓のひとつ「心(しん)」。中国の古典『黄帝内経』にも“心主夏(心は夏をつかさどる)”と書かれています。夏の疲れは動悸など心臓に来やすいものです。

「心」の働き
① 西洋医学の心臓と同じように、血を体中に循環させる。
② 意思や思考などの「こころ」としての働きも含む。

 「心」は自然界の太陽と同じです。太陽をお天道様とも言い、天地をつかさどり、すべてを見通す超自然の存在です。「心」もからだに熱と活動力を提供するだけでなく、からだを高いところからコントロールしているのです。

 「心」は血を全身に循環させる働きや精神活動に携わっているので、「心」が不調になると影響は全身に及びます。顔色が悪い、動悸、息切れ、手足の冷え、胸痛、顔のむくみ、不眠、物忘れ、不安感、イライラ、寝汗がひどい、口やのどの乾きなどの症状が出やすくなります。

 夏は陽の気が最大になる季節です。暑くなると体は汗を出して、熱を逃がして体温を調節するようになっています。汗をかくと血液は濃くなり、流れにくい状態になります。心臓は流れにくい血液を全身に送るためにフル活動するようになります。

 まだ、それほど暑くない初夏のうちから「心」に栄養を補ってしっかりと動くようにしたり、「心」がオーバーヒートしないように潤いを補って、夏を元気に乗りきりましょう。
 盛夏になれば、身体にこもった熱を冷ましたり、余分な水分や熱を体の外に排出する食材を用いて心を助けることも重要になります。



スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「たけのこ」:2016 04/09

やっぱり年中ある水煮より生が美味しいですよね。
鮮度が命の野菜です。

食物繊維が豊富なので、便秘の予防やコレステロールの吸収を抑える効果があります。

ただ、食物繊維が多くて消化しにくいので、胃腸の弱いヒトや下痢しやすいヒトは食べ過ぎに注意が必要です。

イライラを解消したり、むくみをとったりします。
アトピー性皮膚炎や喘息、中耳炎のあるひとは症状が悪化しやすいので注意してください。

たけのこ.jpg
スタッフBlog

新生活のはじまりに~緊張&不安解消アロマ:2016 04/07

柿の木薬局☆アロマ部☆アロマセラピスト★岡田です。

新生活の始まりの季節におススメのアロマをご紹介します。

新生活のはじまり、慣れない環境にドキドキ、ソワソワ。。。
新生活に希望や期待をもちながらも、緊張や不安を感じている方、多いのではないでしょうか。

不安や緊張が高まると、頭痛や肩こりになったり、動機がしたり、吐き気がしたりと身体に様々な不調となってあらわれます。緊張や不安からくる不調を改善するには、日常生活の中でのリラックス度をあげること、その一つにアロマテラピーを活用することをお勧めします。

★緊張感が高まったときの気付け(ピリッとした香り):ローズマリー、ミント

★イライラのリセット(すっきりした香り):グレープフルーツ、サイプレス、スイートマジョラム、パチュリ、レモン、ベルガモットなど

★気持ちを落ち着ける(甘めの香り):ラベンダー、ローズ、サンダルウッド、イランイラン、ゼラニウムなど

★不安・心配があるとき(甘めの香り):カモミール・ローマン、クラリセージ、ゼラニウム、フランキンセンス、メリッサなど

★活用法★
1)お部屋にお気に入りの香りを拡散させてリラックス♪
お手持ちのアロマポットやアロマディフューザー、またはマグカップに熱湯150mLを注いだものに精油を4~5滴滴下する

2)いつでもどこでも:マスクやハンカチにお好きな精油を1滴滴下して吸入してリラックス♪
※マスクに使用する場合は、ティッシュに1滴たらしたものをマスクに挟んで使用。

3)緊張感が高まったときに、シュッとスプレーでリフレッシュ♪
≪スプレーの作り方≫50mLのスプレー容器に無水エタノール(消毒用エタノールでもよい)5mLを入れ、そこに好きな精油を10滴~20滴加える。その後、50mLになるまで水で薄めて振り混ぜて完成!気になるときにシュッと一吹き♪
※1か月を目安に使用してください。

4)お好きな香りでアロマバス♪:バスソルトを入れてお風呂に入ると、天然塩によってよく温まります。
≪バスソルトの作り方≫天然塩大さじ1(15g)にお好きな精油5滴以下を混ぜて完成です。
※ご使用前にご自宅のお風呂の材質や種類を確認してご使用ください。

★リラックスしたいときはぬるめの湯(38℃~40℃前後)で時間をかけて入浴するのが、おすすめです。
※ベルガモットは光毒性があるので、お風呂に使用する際は、ベルガプテンフリーの精油をご利用ください。

柿の木薬局今月の香り♪
~新生活のはじまりに♪~

お手持ちのアロマポットやアロマディフューザー、またはマグカップに熱湯150mLを注いだものに精油を滴下して使用してください。

★ベルガモット    3滴
★サイプレス     2滴
★スイートマジョラム 2滴

アロマ4月.JPG

※お部屋の大きさ、使用する器具、またお好みに合わせて精油の量は調節してください。

参考文献:アロマテラピーコンプリートブック、医師が教えるハーブ&アロマセラピー




«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 45 | 46 | 47 || Next»