漢方・食養生
漢方・食養生

食養生

食は私達のからだとこころの基本(土台)です。
土台をおろそかにすると、その上にどんなに立派できれいなものを積み上げても崩れ落ちてしまいます。
このような事から、土台をつくる食は健康なからだとこころを維持するためにも大切なのです。

食養生というと、特別な材料を使った料理を思い浮かべられるかもしれません。
柿の木薬局がおすすめするのは、日本の気候・風土・体質に合った食事をすることです。
それは、湿度の高い高温多湿の気候風土の中で生活するわたしたちにふさわしい伝統食・日本食です。

具体的におすすめしたい事が3つあります。

1.「旬の食材」を食べること

食べ物には漢方薬と同じようにからだを温めたり、冷やしたり、巡りを良くしたりする作用があります。
「旬の食材」には生命力がみなぎっていて、栄養価も高く、その季節にからだに必要とされるものが備わっています。
自然のエネルギーを取り込むことで、免疫力を高める事ができます。
また、「旬の食材」は安価であるのもうれしいですね。

2.冷たいものの取りすぎを減らす

冷蔵庫が普及してから数十年しかたっておらず、ひとのからだは冷たい飲食物に耐えるようにはできていないと思います。
冷蔵庫からだしたての飲料水を飲むと、胃腸は消化吸収に使うエネルギーで冷たい飲料水を体温まで温める必要があります。
それだけ胃腸に負担を与え、飲食物の消化吸収に支障が出ることがあります。

3.よく噛んで食べる

現代人は、一口平均10回しか噛んでいないそうです。
一口30回噛んで食べると、唾液の分泌が良くなり、頬の筋肉が発達して視力がよくなり、小食で満腹感が得られます。
唾液の分泌が良くなると、飲食物の消化吸収が良くなり、胃腸に負担を与えずに良質の栄養が全身に行き渡ります。
また、良く噛むことで脳にも刺激を与えることになります。
良く噛むことでからだには様々な好影響があると言われています。
まさに「口は命の入り口、心の出口」なのです。
食べることは心の余裕をつくる大切な時間です。家にいるときだけでもゆっくりと噛んで、心から感謝していただきたいと思います。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「かつお」

春の初がつお、秋の戻りがつお、どちらも美味しいですよね。

たんぱく質やタウリンが豊富です。

元気と血を補い、血流を良くします。
利尿作用や胃腸の働きも助けます。

食欲が落ちて、元気が無いときにもオススメですよ。
生で食べるときは、しょうが、ネギ、ニンニク、シソなど薬味をたくさん添えるのがオススメです。


スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

「5月の生活のヒント」

 ツツジがきれいなGWを過ぎると、暦の上では夏(立夏〜立秋の前日)とされています。
 初夏に養っておきたいのは、五臓のひとつ「心(しん)」。中国の古典『黄帝内経』にも“心主夏(心は夏をつかさどる)”と書かれています。夏の疲れは動悸など心臓に来やすいものです。

「心」の働き
① 西洋医学の心臓と同じように、血を体中に循環させる。
② 意思や思考などの「こころ」としての働きも含む。

 「心」は自然界の太陽と同じです。太陽をお天道様とも言い、天地をつかさどり、すべてを見通す超自然の存在です。「心」もからだに熱と活動力を提供するだけでなく、からだを高いところからコントロールしているのです。

 「心」は血を全身に循環させる働きや精神活動に携わっているので、「心」が不調になると影響は全身に及びます。顔色が悪い、動悸、息切れ、手足の冷え、胸痛、顔のむくみ、不眠、物忘れ、不安感、イライラ、寝汗がひどい、口やのどの乾きなどの症状が出やすくなります。

 夏は陽の気が最大になる季節です。暑くなると体は汗を出して、熱を逃がして体温を調節するようになっています。汗をかくと血液は濃くなり、流れにくい状態になります。心臓は流れにくい血液を全身に送るためにフル活動するようになります。

 まだ、それほど暑くない初夏のうちから「心」に栄養を補ってしっかりと動くようにしたり、「心」がオーバーヒートしないように潤いを補って、夏を元気に乗りきりましょう。
 盛夏になれば、身体にこもった熱を冷ましたり、余分な水分や熱を体の外に排出する食材を用いて心を助けることも重要になります。



スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「たけのこ」

やっぱり年中ある水煮より生が美味しいですよね。
鮮度が命の野菜です。

食物繊維が豊富なので、便秘の予防やコレステロールの吸収を抑える効果があります。

ただ、食物繊維が多くて消化しにくいので、胃腸の弱いヒトや下痢しやすいヒトは食べ過ぎに注意が必要です。

イライラを解消したり、むくみをとったりします。
アトピー性皮膚炎や喘息、中耳炎のあるひとは症状が悪化しやすいので注意してください。

たけのこ.jpg
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

「4月の生活のヒント」

お彼岸も過ぎて、草花も一気に芽吹き花を咲かせる季節になりました。
春は天候の変化が激しく、家庭や職場でも様々な変化が多い季節です。
ひとのこころも不安定になりやすい時期です。

☆こころの元気は「気」と「血」の充実がカギ

 漢方ではこころの不調にも体の状態が深く関係している(心身一如)と考えます。こころの不調もまず体の不調から改善して、こころと体を健やかにするように考えていきます。
 こころの健康の源は、元気の源である「気(き)」と、こころを安定させて、体に栄養を与える「血(けつ)」です。この「気」と「血」が十分あれば、ストレスを上手に解消できます。
 疲れや睡眠不足などで「気」と「血」が不足したり、スムーズに体内を巡らなくなるとストレスの影響を強く受けて、こころの不調が現れやすくなります。

☆ストレスに強くなるポイントは「肝」 

「気」と「血」を充実させ、スムーズに巡らせるためには、「肝(かん)」を養って元気に保つことが大切です。

漢方でいう「肝」は、現代医学の肝臓の機能に、自律神経の働きを加えたようなものです。「肝」はからだ全体に「気」・「血」・「津液(しんえき:潤い)」を滞りなく巡らせる働きと、巡らせる量を適切に調整する働きがあります。

この働きのおかげで、感情を伸びやかに保つことができたり、全身に栄養分である「血」や「津液」が行き渡り、体が健康に保たれます。

☆「肝(かん)」の食養生
・肝の働きを整える
かつお、あさり、わかめ、竹の子、うど、クレソン、わらび 等

・香りでストレスを発散
そば、みつば、みょうが、大葉、春菊、ジャスミン茶 等

・「肝」の「血」を養う
レバー、ごま、ひじき、うなぎ、ブルーベリー、なつめ等

・春に上昇しやすい、肝の気の上昇を酸味で抑える
酢の物、いちご、レモン、梅干し等

チューリップ20160331.jpg
花壇のチューリップがいつの間にか綺麗に咲いてました。
スタッフBlog >日々是漢方生活 , 漢方・食養生

旬の食材「セロリ」

解散問題で話題になったSMAPの曲でもおなじみのセロリ。

好き嫌いの分かれる野菜ですよね。

嫌いな原因は、あの香りじゃないでしょうか。

でも、あの香りに気の巡りを良くして、精神を安定させる効果があるんです。

イライラを鎮めたり、むくみをとったりする効果もあります。

あの香りが失われないように、さっと加熱するのがおすすめです。

セロリだよ.jpg

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»