Blogs

【認知症】変化球を続けていたらすごい事が起きました

今日、両親が入院しました。

入院することは1週間前から、両親に知らせていたのですが、記憶力の低下している両親はすぐに忘れてしまいます。

認知症専門の医師の言葉では、「認知症は忘れていることを忘れる病気」

確かにそうです!!

つい最近までは、両親の病院受診やデイサービスの見学などをすべて直球勝負で本人達に伝えていました。

覚えていないからメモしたりして、カレンダーの近くに貼ってみたりしました。

でも、結果はすべて裏目でした。

覚えられないだけではなく、予定がストレスになって、当日に受診を拒否したり・・・

「体調が悪いから、病院には行けない」

と言われたのは、笑えましたが・・・

そんなこんなで、今回の入院についても、母親が度々ききにやってきました。
入院前夜の昨夜は、来訪回数がとんでもなく多かったですよ。
5分おきっていう感じでした・・・

「さっき、明日、病院にい行くって言われたんだけど」とか言われました(^.^;

母親に入院することは、はぐらかせ続けておりました。
父の入院手続きの手伝いがいるから、一緒に来て~と言っておりました。

すると奇跡が起こりました!!

入院当日の今朝、母がやってきて
「今日は私が入院するの?」

何でこうなったかは不明ですが、変化球を投げ続けてくると、魔球になることもあるんだなぁ
と思いました。

これからも直球は投げずに、変化球だらけの技巧派でのらりくらりとやっていければ良いですが・・・

そうもいかない予感もあったりです・・・

今更ですが、こんな運動もあるようです。

乗ってない
最近、ももちゃりも乗ってないですよね~
車通勤が続いているから、なかなか歩いたりできてないよなぁ~

☆柿の木薬局のホームページ

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676



Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter