Blogs

さといもって、お酒との相性が良さそうです

漢方の知恵を少しでもお伝えしたい
岡山市の柿の木薬局、店長のフジマキです。

さといもって、これからが旬ですよね。

さといものネバネバ成分のムチンは胃腸と肝臓を保護して、タンパク質の消化吸収を促進します。

エビなどに多く含まれるタウリンと組み合わせて料理すると、更に肝臓の働きが良くなると思います。

肝臓は、様々な化学反応をして、カラダに無毒な形に変化させる臓器です。
肝臓の働きが良くなるという事は、カラダにたまった老廃物や病気の原因になるものを取り除く効果があるのです。

このことを漢方では解毒作用があると言ったりします。

さといもの効果としては、
① 胃腸を強くする
② しこりを軟らかくして、痰を取り除く
③ 浮腫をとる
④ 便秘を解消する

便秘気味の方、胃腸がお疲れ気味の方、浮腫みやすい方、お酒をよく飲む方などにおすすめの食材です。

これからが旬です。

煮物などで美味しく食べて下さいね~

肝臓の働きを助けてくれるので、お酒のおつまみにも良いです。
翌日の浮腫対策にもなります。

秋の夜長、お酒もほどほどにしましょうね。

曼珠沙華
これは湯郷で撮った曼珠沙華。
自分の畑のさといもの収穫はまだまだです。
でも、楽しみです~(^_^)

☆柿の木薬局のホームページ

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676



Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

@honeyandcloud あー食べた

@honeyandcloud あー食べた

@CloudMahsan アナゴ食べたい

RT @hironobutnk: 85歳

お、何と今日は夏至なんですね。 そしてブ