Blogs

下剤が下痢止めになる?

今日は何を書こうかなぁ~と考えていたら、漢方メーカーのMRさんが来店されました。

そのメーカーのMRさんが話題にしたのが、下剤として良く知られるダイオウという生薬の話。

ダイオウを漢字で書くと「大王」じゃなくて「大黄」。

ダイオウは別名「将軍」とも言われ、漢方薬にはとっても重要な生薬です。

ダイオウには、センノシドという下剤になる成分が含まれています。
このセンノシドという成分だけを薬にしたのが、プルゼニドというお薬です。

ダイオウの近縁植物には、野菜のルバーブがあります。
ルバーブにもわずかにセンノシドが含まれているので、敏感な人は下痢をすることもあるようです。

ダイオウには、ラタンニンという下痢止めになる成分も含まれています。
ですから、ダイオウを大量に投与すると、下痢止めの効果が出るようになります。

下剤なのに下痢止めになる、全く不思議な感じですね~

ダイオウの下剤としての効果を期待するときは、煎じるのは短時間にします。

一般に知られている漢方薬のエキス顆粒を作るときは、どうしても熱をかける時間が長くなったりするみたいで、メーカー間での違いが出やすいようです。

ダイオウの効果がシャープに出るメーカーと、マイルドなメーカーがあるようです。

さらにダイオウを神経性嘔吐に用いる事もあるようです。

一つの生薬なのに、下剤なったり、下痢止めになったり、嘔吐を止めたりといろんな作用があるんですよ。

錦紋大黄
これは高級な「錦紋大黄」という大黄です


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

グッモーニン 昨夜、我が家の近くでも朝ラ

RT @5MtVCNqNMYrujZ:

グッモーニン 土曜日恒例の焼鮭定食❣️美

グッモーニン 昨日、売れ残ったサツマイモ

@kiyo3sugimoto 芋買わなく