Blogs

中医学基礎講座ー中医診断学ー 4月

今月も基礎講座に参加してきました。
九州新幹線に乗ってみたかったのですが、うまく予約が出来ず、いつものレイルスターに乗ったつもりが、早く着きすぎて新大阪の辺りをウロウロしました。桜でもあるかなと思ったのですが、桜もなく・・・
【内容】
問診
・主訴
・現病歴
・既往歴、生活歴、家族歴
・言語
・呼吸
・現症状
 寒熱、汗、痛み、めまい、目、耳、胸腹部、麻木
刺痛の原因は瘀血と言われます。刺痛を刺す様な痛みと今まで理解してきました。でも、瘀血の代表的な症状がたんこぶだとすると、あの痛みは刺す様な痛みとは表現しないような・・・
先生も文字に騙されてはいけないと言われていました。


もう一つは、胸脇苦満。胸脇苦満と言えば、「脇肋脹痛」とか「季肋下の圧痛」と説明される事が多いです。これも、先生の体験では、「新聞紙を丸めて飲み込んで、胸の辺りにひっかかったような感覚」となります。なるほど、胸に何かがひっかかったような感じが良く理解できました。
講師:武藤勝俊先生
2011/4/10 13:00 – 17:00
ニューオオサカホテル

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

今夜は奥様、急な残業らしく オトンの晩御

飲んだことあると思うけど、覚えてない。

本日もお疲れ様でしたーーーー 渋いのが残

グッモーニン 今朝のフルーツはすもも?

RT @taiseido_ookawa: