Blogs

介護のストレスを減らす方法

今日は涼しい一日でした。

自動ドアのスイッチを切って、開けっ放しで仕事をしていました。

ボクが見つけた、認知症の方の見つけ方をまた紹介します。

認知症の方は、自動ドアのスイッチが入っていても、開いているドアを閉めようとします。

ドア

こんな動作をしたり、ご家族に閉めなくていいのかと尋ねていたら認知機能が低下していると思っています。

さて、最近来られた認知症のお母さんと一緒に生活されている娘さんのお話の紹介です。

お母さんは、ボランティアも積極的にしたり、健康法のいろいろな勉強会に出席したり、
とにかく活動的な方でした。

それが、大病をしたりで、体調を崩し、今では認知症の症状が現れています。

ご家族が介護保険の利用をすすめても、恥ずかしいからと言って受け入れてくれません。

娘さんが話をすると、すぐケンカになてしまいます。

思い返すと、我が家もそうでした。

介護サービスは、なかなか受けようとはしませんでした。

デイサービスも何回見学に行こうと誘ったことか・・・

こちらの進めることを全く受け入れようとしないので、結果、ケンカになります。

これを繰り返すと、家族は無気力になって、どうでも好きなようにしたらいいと思うようになります。

放置してしまいます。

ボクも半年くらい、両親の薬の世話も病院の予約もしなくなったことがあります。

でも、そんなことをしている間にも認知症や老化に伴う症状は進行していきます。

こんな悪循環に陥らないために大切なことは、他人の力を借りることです。

ここでの他人とは、医師、ケアマネージャー、ヘルパーがメインになります。

難しくても、少しずつでも他人の介入を試していかないと、後々、辛いことになります。

幸い?我が家はこの他人の介入が間に合い、両親もボクたちもなんとか生活をすることができています。

現在、母は施設に入所、父は入院生活ですが・・・

こんな状態でも、ボクたちだけで介護していたらどうなっていたか?

想像するだけでも恐ろしいです。

☆柿の木薬局のホームページ

☆薬剤師さん、募集しています。パート、常勤とも募集しています。

☆事務員さん、募集しています。13時頃から19時頃の勤務です。

通勤には便利な場所です。勤務時間など詳しいことはメールでお問い合わせください。

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
予約してくださいね。平日は13時から15時の間がゆっくりとお話できます。
086-234-7676

インスタグラムもやってます!!


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

@nogiku_yoshi そちらまで届

RT @kakinokip: アポロンだ

今朝、店の郵便物に自分の店のチラシを発見

@kiyo3sugimoto ダビデの星

グッモーニン 昨夜はサッカーの強さに驚き