Blogs

仲夏の生活のヒント

 梅雨になると五月の爽やかな風から一変して、ジメジメとした湿った空気になります。湿度が高くなるとヒトの体にも影響が出ます。
これを「湿邪(しつじゃ)」と言います。

 湿邪の特徴は“重濁粘滞”、重い・きたいない・粘い・滞る。湿邪の影響で湿疹やじんましん、関節の痛みや腰痛、膀胱炎、消化不良や下痢などの胃腸障害に悩まされる方が増えます。

 新型コロナは中医学的に見るとこの湿邪よりさらに悪さをする「湿毒(しつどく)」と考えています。今年は例年以上の湿邪対策が必要だと思います。
 
 湿邪は梅雨から夏にかけて多い外邪です。体内の水分が高い湿度に反応して症状が現れます。とくに水の溜まりやすい下半身に、重怠さや冷たさ、腫れるなどの症状が出やすくなります。

 湿邪はジメジメが苦手な脾(消化吸収の機能)に悪さをして、下痢や食欲不振などの症状が出ることがあります。また、空気の進入路で直接湿気と接する肺、空気に触れる皮膚、尿を出す腎の不調も現れやすくなります。

 もともと、胃腸機能の弱いひとは湿邪の影響を受けやすいので、症状が無くても早めに胃腸機能を助けるために、冷たいモノ・生もの・脂っこいモノ・味の濃いモノの食べ過ぎ飲み過ぎを控えることも大切です。朝の牛乳、ヨーグルトやスムージーも胃腸のあまり強くない人にはお勧めできません。
 
 冷たいモノって、冷蔵庫で冷えたモノだと思っていませんか?

 実は違うんです。江戸時代のカルタで“年寄りの冷や水”という札に描かれている絵があります。井戸の水を飲んでいるんです。

 冷たいモノって体温より低いモノなのです。冷えたジュースやビールを飲んだら、その後で温かいお茶を飲む、お汁を飲むなど工夫してお腹を冷やしすぎないようにしましょう。
 
 ジメジメを溜め込まないために、一番大切なのは身体を温めるエネルギー(陽気)です。

 日頃から「よく噛むこと」「腹八分目に控えること」に気をつけて、消化器官を助て、ご陽気に過ごしてください!! 

☆柿の木薬局のホームページ

☆薬剤師さん、募集しています。

通勤には便利な場所です。勤務時間など詳しいことはメールでお問い合わせください。

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水:9:00~17:00
土:9:00〜14:00

☆処方箋調剤がメインですが、漢方相談、お薬相談も承ります(^_^)
予約してくださいね。平日は13時から15時の間がゆっくりとお話できます。
特に水曜日の午後は相談メインです。
086-234-7676


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

グッモーニン 土曜日は焼き鮭❣️ 今朝の

@nogiku_yoshi ちなみに鳴門

グッモーニン 今朝はあさりの味噌汁❣️

グッモーニン 今朝はビストロくんに温泉卵

今日受け取ったあのケーキをあてに芋焼酎❣