Blogs

夏バテ?秋バテ?であっさり系しか食べられないヒトいませんか?

漢方の知恵を少しでもお伝えしたい
岡山市の柿の木薬局、店長のフジマキです。

最近は、秋バテという言葉もでてきているのですが、夏の暑さが一段落しそうな頃に食欲が落ちていることに気が付く方おられませんか?

暑い間は、暑いからちょっと食欲が落ちていても気にならなかったというか、当たり前と思っていたけど、あっさりしたものしか食べられなくなっちゃった。

原因は、
① 冷たいモノの食べ過ぎ、飲み過ぎ、クーラーの使いすぎ
② 汗を上手にかくことが出来なくて、カラダに熱がこもっている。
など

対処方法は
1) 疲れた胃腸にちゃんと動くエネルギーを補う
2) 胃腸が動きやすいように、たまっているものを除く(余分な水分とか、鬱積したイライラ、熱とか)

薬がなければ、こんな感じの食材がおすすめです(^_^)

気(エネルギー)を補う食べ物
大豆、枝豆
オクラ、長いも、わかめ、納豆
青じそ、しょうが、みょうが、玉ねぎ、セロリ、にんにく
(香りで気の流れを良くしますよ)
梅干、しじみ、いか、たこ、うなぎ、ごま、かぼちゃ、酢など

余分な水分を出す食べ物
きゅうり、とうがん、とうもろこし、そば、海草、豆類、香り野菜 など

体を温める食べ物
かぼちゃ、ニラ、ねぎ、にんにく、しょうが、赤唐辛子、青じそ など

暑さで体に熱がたまった時は、冷たい食事や飲み物を多く摂るのではなく、
体の熱を取ってくれる食材(主に旬の野菜)を積極的に摂りましょう。

体の熱を取る食べ物
きゅうり、とうがん、にがうり、トマト、なす、セロリ、もやし、すいか、メロン、豆腐、春雨、そば、 など

イモ炊き
これはボクの好物イモ炊きです。冷えた胃腸には、ぴったりの献立ですよ~

少しずつ新米も出てくる季節で食欲もアップですね。
これからは根菜や芋類、キノコが旬を迎えます。
秋野菜に含まれる豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維は夏に溜まった疲れを癒し、腸内環境を整えて、肌荒れなどを改善しつつ、寒い冬に備えた体の準備をしましょう。
旬の食材を煮物にするなど温かく消化の良いものを食べて、胃腸をいたわって元気に過ごしてください。

☆柿の木薬局のホームページ

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676



Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter