Blogs

大晦日はお屠蘇の準備を忘れずに

今日、妻の実家(松山)から帰ってきたボクです。

お飾りも鏡餅も一日飾り・・・

鏡餅これは近所のホテルの鏡餅です。さすが豪華です。こんなに豆餅のせるんですね!!

本当は、30日までにしないといけなんですよね!!

いけばな光風流 内藤正風家元のブログでその理由がきちんと解説されてます。

来年からはと神様におわびしつつ、大晦日のルーティーンをこなします。

まずは、お屠蘇の準備です。

お屠蘇

今年は岡山と愛媛のブレンドにしてみました。

お屠蘇とは

邪気を屠(ほふり)、魂を蘇らせるところから「屠蘇(とそ)」と名付けられ、悪鬼を倒すために
様々な薬草を混ぜて作られています。

元旦の朝、初日や神棚、仏壇を拝んだ後に、家族全員が揃って新年の挨拶をして、雑煮の前にお屠蘇
を飲みます。

飲む順番は、一年の無病息災と長寿を願うところから、若者の元気にあやかる意味で年少者からすすめるのがきまりです。

我が家では、味醂と日本酒をブレンドして、お酒が苦手な女性や子供も飲みやすい味にしています。

ではでは、来年も宜しくお願いします。

☆柿の木薬局のホームページ

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676

☆処方箋FAXしてくださいね
086-234-7600

インスタグラムもやってます!!


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter