Blogs

岡山中医薬研究会 3月定例会

テーマ:「どうすれば冠元顆粒をお客様に伝えることが出来るでしょうか?」
講師:荒木康子 先生(京都 一乗寺薬局
【内容】
・中医学のものさし(陰と陽など)を生かした養生のすすめ
・冠元顆粒を伝える舞台をつくる
・冠元顆粒を伝える役者になる
・お客様が冠元顆粒を忘れないために何をするか
・冠元顆粒の症例
荒木先生.JPG
【感想】
荒木先生は、とにかく仕事を楽しまれていると感じました。
中医学のものさしとは、陰陽とか五行説とか色々あります。でも簡単に言えば「バランスが取れている事」。バランスを様々な場面で応用して、説明して下さいました。
特に印象に残ったのは、「商品の勉強(知識を入れるから陰)」ばかりしていたらダメ。
「お客様に伝える(陽)」をしていかないとバランスが取れない。
漢方の良さを一人でも多くのお客様に伝えられるようになりたいな(^^)。がんばります。
色々なヒントを教えて下さった荒木先生、ありがとうございました。
会場:岡山シティーホテル桑田
日時:2011年3月13日

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

グッモーニン 土曜日は焼き鮭❣️ 今朝の

@nogiku_yoshi ちなみに鳴門

グッモーニン 今朝はあさりの味噌汁❣️

グッモーニン 今朝はビストロくんに温泉卵

今日受け取ったあのケーキをあてに芋焼酎❣