Blogs

旬の食材「マナガツオは夏バテ防止にぴったりだった」

こんにちは
漢方の知恵を日々の生活にも取り入れて欲しい
岡山の柿の木薬局店長フジマキです。

せっかくの日曜日なんですが、雨ですね~

毎日、子供中心のメニューなんで、久しぶりに魚が食べたいなぁ
と言うことで魚屋さんに行ってみました。
雨が続いているので、ちょっと不安でしたが・・・

太刀魚かマナガツオが食べたいなぁと思っていたのです

両方あったんですけど、贅沢してマナガツオにしました。
一尾、太刀魚は1000円、マナガツオは2000円でした・・・
で、さばいてもらってから、ああ、写真忘れた~(ブログ病ですね・・・)

っていう事で、マナガツオの事を調べてみましたよ。

旬は夏!!
俳句では冬の季語になっているんですが、漁期は夏。
さらに産卵前の身の張って旨いのが、初夏から夏にかけてみたいです。

岡山では、チョオキン、メンナと呼ぶこともあるそうですが、これは知りませんね~
こんな呼び方があるくらいですから、岡山では結構食べられているのかなぁという感じです。

関東ではあまり食べられないそうですね。以外です・・・

カツオとは関係ない!!
カツオとマナガツオはどんな関係だろうかと思っていたのですが、全然、別の科でした。カツオはサバ科で、マナガツオはスズキ目マナガツオ科でした。
カツオのように本当に実が堅くて美味しいという意味で、マナガツオ(真名は真実や本当という意味)と命名されたようです。

薬効は
食欲不振
足腰の痛み・しびれ
めまい
動悸
不眠
物忘れ

中医学的には
補気(元気をつける)
補血(血を補う)
健胃(胃の働きを建て直す)
補腎(老化防止や足腰の症状を改善する)

夏場に落ちた食欲を高めて、夏バテ防止にはバッチリの食材ですね。
あっさりとした白身で、身離れもイイし、老若男女が安心して食べられる魚ですね~

今日は照り焼きでいただく予定です。
焼き魚には、日本酒が欲しくなりますね~

今日のブログとは関係ない写真ですが

ぶどう3種
マリオ・ゴールドフィンガー・マスカットジパングって聞いたこと無い品種ばかりです
果物王国おかやまという事で、お許しを


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter