Blogs

春の元気は肝の養生から

チャイナビュー159号では、春に影響を受けやすい「肝」の養生について紹介しています。
過剰なストレスは「肝」の大敵
中医学で言う「肝」には、西洋医学で考えられている肝臓の働きだけでなく、さまざまな役割があります。重要なのが「全身の気・血・水の流れをスムーズにして、消化や排泄を促進させる機能」と「必要に応じて全身に供給する血の量を調節する機能」です。
「肝」は、ぐんぐん育つ草木のように「のびのびとした状態を好む臓器」です。過度なストレスを受けると機能が低下してしまいます。
「肝」の機能が低下すると、イライラや憂うつ、血圧の上昇、頭痛、めまい、視力低下などさまざまな不調につながります。
のびのび、活発に動いて「溜めないカラダに」
春は気温も暖かくなり、身体の新陳代謝も活発になります。積極的に身体を動かして、ストレスや老廃物をスッキリ発散してしまいましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

今夜は奥様、急な残業らしく オトンの晩御

飲んだことあると思うけど、覚えてない。

本日もお疲れ様でしたーーーー 渋いのが残

グッモーニン 今朝のフルーツはすもも?

RT @taiseido_ookawa: