Blogs

晩秋の生活のヒント

 10月8日は寒露、23日は霜降、日没の時間がどんどんと早くなって、秋が深まっていく時期です。
 秋雨や台風が過ぎてカラッとした天候が続きます。新米だけでなく、秋の恵みがふんだんに溢れます。

 美味しいものが多い季節、どうしても食べすぎて胃腸に負担をかけやすくなります。

 噛むほどに甘みが出てくるお米、お芋類、あわやきびなどの雑穀類などを食べると胃腸が元気になります。
 
 また、空気の乾燥で肌荒れや空咳、便秘などが起きやすくなります。

 この時期、体に水分が不足しがちになるので、焼き物、揚げ物より、水分を多く使った煮物、おひたしなどがオススメです。

 無理にお水を1日に2リットルも飲むより、食事から自然に水分補給するのが一番です。カラダに優しい水分補給です。
 
 空気が乾燥すると鼻や呼吸器を守っている粘膜の働きが低下して、細菌やウイルス、花粉などの影響を受けやすくなります。
 その結果、口や鼻、のどは炎症が起きやすくなり、風邪などの呼吸器感染症や喘息になると考えられます。

 また、朝夕に冷え込むことで汗が減り、皮膚から排泄していた老廃物や水分の代謝を口や鼻など呼吸器が肩代わりすることになります。これも鼻炎や呼吸器トラブルの原因になります。
 
 この時期の養生は空気の乾燥から体を守り、本格的な寒さに備えて免疫力を高めるために胃腸を元気にする事が大切です。

 きのこを意識して食べましょう。免疫力が上がります。
 
 そのために、お肉やお魚料理には、ネギや大根おろし、辛味のある食材を添えて、体を温め、消化を促進し、胃腸の負担を軽減します。

 辛味の食材の代表であるネギや生姜、唐辛子、胡椒などの薬味は、タンパク質の消化吸収を助け、腐敗やカビを防ぎます。

 呼吸器が弱りやすい秋は、根菜類の煮物や汁物、高級魚になったサンマなどの魚料理にネギ、生姜、大根おろし、七味唐辛子などの薬味をたっぷりと添えていただくのがおすすめです。

☆柿の木薬局のホームページ

☆薬剤師さん、募集しています。

通勤には便利な場所です。勤務時間など詳しいことはメールでお問い合わせください。

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水:9:00~17:00
土:9:00〜14:00

☆処方箋調剤がメインですが、漢方相談、お薬相談も承ります(^_^)
予約してくださいね。平日は13時から15時の間がゆっくりとお話できます。
特に水曜日の午後は相談メインです。
086-234-7676


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

RT @nogiku_yoshi: ✨ス

グッモーニン 昨夜、途中まで作ってた味噌

グッイーブニン 今夜は奥さん残業みたいな

RT @calomeal_AI: みそ汁

グッモーニン もう男組は登校してます。