Blogs

最近、授乳されている方からの質問が多いです。痔の坐薬編です(^_^)

今日は休日ですが、久しぶりに自宅にいます。

一人暮らしが長くなってきたので、そろそろ家の中を片付けないと大変です(^.^;

さて、家内が授乳婦だからでしょう、授乳中のお薬の使用についてのお問い合わせが気になります。

最近あったのはコレです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「産後2ヶ月授乳中、痔の坐薬(ネリプロクト坐剤)が処方されたけど大丈夫ですか?」

ボクが気になったのは、ネリプロクト坐剤にはステロイドが入っているっていう事でした。

お店にある妊婦さんの薬関係の本とか調べても、出て無くて・・・・

家の古い本(「妊産婦・授乳婦への薬物投与 岡山県病院薬剤師会DI委員会」)とか、薬物動態の本とか調べても分からなくて

卸のDIの方に調べていただきました。

そしたら、こんな身近な本「治療薬ハンドブック」に答えがありました。

妊婦書籍

この本は、ほとんどの薬局に置いてあると思います。
うちにもありましたが、最初から調べる対象になってませんでした・・・
反省です

そこに書いてる事を抜粋すると以下のようになります

①妊娠後期から産後にかけて痔疾患を患うことが多い
②どの薬剤の添付文書にも安全性が確立されておらず、治療上の有益性が危険性を上回る場合に使用と記載されている
③ステロイド含有剤、非含有剤とものに胎児に重篤な合併症を生じた報告が無い
④炎症のひどい時期には、ステロイド含有剤を短期しようして、落ち着いたら非ステロイド含有剤(ボラザG)に変更するのが良い

さらに、DIの方からの情報を追加すると
ステロイド含有剤の使用は、7日間程度にするのが良いという資料もありました。

今日の気付き
「痔の坐薬、ステロイドが入っていても大丈夫。でも、治まってきたらボラザGにしてもらいましょう」
「情報検索、身近な書籍をもっとめくって知っておくのも忘れずに」

☆柿の木薬局のホームページ

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676



Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter