Blogs

気温が下がってくると夜間頻尿になる

今日、店の前を掃除したんですけど、昼にはまた落ち葉や金木犀の花がたくさん多く落ちていたので、昼も掃除しました。秋だなとも思うのですが、店に日が差し込む1時頃から3時頃は暑くて、クーラーをかけてしまいます。

そんな感じで昼間は暑いと思うことがあるのに、朝晩は冷えるようになってきました。

今日、夜は2時間おきにトイレに行くというお話をうかがいました。
以前は、頻尿の薬を飲まれていたのですが、回数は減らず・・・
おしっこのでかたがスムーズになっただけだから、もう飲まないと言われました。
夜はアルコールを飲まれるのですが、アルコールの量と夜間トイレに起きる回数は、あまり関係が無いそうです。
2時間おきにトイレに起きたら、寝た気がしないだろうと思うのですが、どうなんでしょうか。

一般的に、起きている間に8回以上、寝ている間に2回以上トイレに行くようだと頻尿と言われることが多いようです。この回数以下でも、ご本人が回数が多いと感じていたら頻尿になるようです。

夜間の頻尿は、寝るまでの水分の取り方(アルコールの量も関係)も関係しますが、それ以上に睡眠の質も大きなポイントのようです。目が覚めるからトイレに行くのか、尿意があるから目が覚めるのかは分かりにくいですが、グッスリと眠ればトイレに起きることは少ないようです。

冷えてきたら、夜のトイレの回数が増える場合は、睡眠の質だけの問題ではなさそうです。
季節の変わり目で寒暖の差が大きいことで、カラダを温める(体温を調節する機能が壊れたり、カラダを温めるパワーが不足)機能が弱ってしまったのでしょう。なので、気温の下がる夜間に水分をカラダの中に溜めて、体温まで温め続けるパワー(熱エネルギー)がなくて、外に排出するしか体温を維持することができないのかもしれないです。

そんな時は、膀胱の働きを助けて、カラダを温めてつつ、カラダに元気と養分を補給するような漢方薬を試してみるのも方法だと思います。

それと、カラダを冷やす食べ物を控える事と水分の取り過ぎに注意して下さい。

みかんの食べ過ぎ
みかんはカラダを冷やしますので、夜の食べ過ぎはご注意を!!

☆柿の木薬局のホームページ

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676

☆処方箋FAXしてくださいね
086-234-7600

インスタグラムもやってます!!


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter