Blogs

海外旅行に薬を持っていくときの書類を初めて作りました

患者さんから希望があったので、初めて「英文薬剤証明書」を作成しました。
と言っても、テンプレートがあって、患者さんの名前とか、薬の成分名を英語で記入するだけなんですけど、慣れない作業で疲れました。

海外旅行等の短期渡航に関しては、「処方せんの写し」や「英文の薬剤証明書」
など、自己の疾患治療のための薬剤を、携行する必要があることを証明する書
類であればよいので、現在服用している薬剤の一般名、剤型、含有量、数量、
病名又は症状等が明記されていることが必要ということです。

実際に注意を要する薬剤は向精神薬と麻薬で、かぜ薬、頭痛薬や下痢止めなど、
日常的に服用している医薬品を必要最小限携行することに問題ないようです。

向精神薬の書類所持の義務については個別に総量上限がありますので、
可能なかぎり医師が発行した英文の証明書を持参すれば、出入国時の無用なト
ラブルも避けられるようです。

それぞれの国で事情が異なるようです。詳しいことは、各国の日本大使館などのホームページなど
で確認するのが無難のようです。

寒い夜の後楽園
今日はホントに寒い一日でした。夜の後楽園、空気がさむそうですよね。

☆柿の木薬局のホームページ

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676

☆処方箋FAXしてくださいね
086-234-7600

インスタグラムもやってます!!


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

今夜は奥様、急な残業らしく オトンの晩御

飲んだことあると思うけど、覚えてない。

本日もお疲れ様でしたーーーー 渋いのが残

グッモーニン 今朝のフルーツはすもも?

RT @taiseido_ookawa: