Blogs

漢方で読み解くことわざ−2「病は気から」

病気は、気の持ちようで良くも悪くもなるという意味で使われれています。

「気」には気持ちという意味もありますが、
漢方では様々な働きをするエネルギーという意味もあります。

春は新学期、引越しなど新しい環境に触れる機会の多い季節です。

漢方では自律神経の働きをする「肝」に負担がかかる季節です。

肝に負担がかかると気の巡りも悪くなります。

春は気の巡りが悪くなって起こる病も多くなります。

肝の働きを整える食材

カツオ、アサリ、タケノコなど

香りでストレスを発散する食材

そば、みつば、みょうが、大葉など

「肝」の「血」を養う食材

レバー、ごま、ひじきなど

春に上昇しやすい、肝の気の上昇を酸味で抑える食材

酢の物、いちご、梅干しなど

肝の食養生でいろいろ対処しましょう。

☆柿の木薬局のホームページ

☆薬剤師さん、募集しています。

通勤には便利な場所です。勤務時間など詳しいことはメールでお問い合わせください。

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水:9:00~17:00
土:9:00〜14:00

☆処方箋調剤がメインですが、漢方相談、お薬相談も承ります(^_^)
予約してくださいね。平日は13時から15時の間がゆっくりとお話できます。
特に水曜日の午後は相談メインです。
086-234-7676


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

グッモーニン 土曜日は焼き鮭❣️ 今朝の

@nogiku_yoshi ちなみに鳴門

グッモーニン 今朝はあさりの味噌汁❣️

グッモーニン 今朝はビストロくんに温泉卵

今日受け取ったあのケーキをあてに芋焼酎❣