Blogs

熱中症予防におすすめ、漢方の知恵を紹介

こんばんは
柿の木薬局店長のフジマキです。

梅雨ですが、台風一過でとっても暑い一日でしたね~

熱中症のニュースが増えるのかなぁと思いながら、このブログを書いています。

熱中症予防には、「こまめに水分補給をしてください」というのが定番文句ですよね。

これに漢方の知恵をプラスすると、もう少し効果的ですので紹介しますね。

漢方では、甘酸っぱい味は潤いを生むと考えています。
難しい言葉では、「酸甘化陰(さんかんかいん)」と言います。

甘酸っぱい味の飲み物を飲んだり、食べ物を食べたりすると、体に潤いが生まれます。

水分補給も甘酸っぱいものですると、より効果的です。

レモン

はちみつレモンなんかを手作りすると、いいですよね~

韓国でおなじみの五味子茶(オミジャチャ)もイイと思います。
紫蘇ジュースもイイと思います。

明日も暑い日になりそうです。
甘酸っぱい味を上手に使って、熱中症予防をしてくださいね。


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter