Blogs

生理を止めたら貧血だけじゃなくて便秘も治った

最近、お店でうかがったお話を紹介します。

40歳代の女性、子宮筋腫があって、毎月の生理が辛い状態が続いていました。

出血が多いので、貧血もあります。

鉄剤を飲んでいます。

便秘もあります。

センノシドで出してます。

近々、子宮筋腫の手術をする予定とうかがっていました。

ですが・・・

注射で生理を止めたところ、

貧血が改善

そして、便秘も改善

体調がとても良くなったそうです!!

血液って、酸素を運ぶだけじゃなくて、カラダの色んな所に栄養や潤いを運ぶんです。

だから、この女性の状態を漢方医学的に考えると、生理出血が多くて血が不足していた。(血虚)
血が不足してたから、腸の潤いも不足していて、便秘していた。(腸燥)

便秘に効く漢方薬には、腸の潤いを補いながら、腸を動かして便を出すものがあります。
(センノシドや酸化マグネシウムみたいな効き方をする漢方薬もあります。)

無理矢理、腸を動かすだけじゃなくて、血を補う事も大切なんですという東洋医学の考え方が正しい事を立証してくれたようで、とっても嬉しかったので紹介しました。

補うのは時間がかかりますが、出血を止めてしまえば不足しないので症状の改善は早いです。

高齢者の場合は、カラダに含まれる水分が減っているので、生理はないけど腸は乾いている状態が多いと思います。コロコロの便が出るような便秘では、無理矢理、腸を動かして便を出すよりも、潤いを補いながら出す方がいいんです。

これから秋・冬になると空気が乾燥してきます。
ヒトのカラダもその影響で乾燥しやすくなります。

新米に芋類や根菜類、きのこ類をたっぷりと入れた豚汁などの日本食は、カラダに元気と潤いを補ってくれます。イカやサンマ・サバなどの魚類もいいですね。いちじくや梨などもコロコロ便秘対策には最適の果物です。気温が少しずつ下がってくるこの時期、カラダにエネルギーを蓄えながら、秋冬の準備を少しずつしていきましょう。

去年入院
去年、連休明けに長男が喘息で入院したことを思い出しました。
今年は体力もついたから大丈夫かな?
子供にも気を付けないといけない季節です。

☆柿の木薬局のホームページ

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676

☆処方箋FAXしてくださいね
086-234-7600

インスタグラムもやってます!!


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

疲れるんですと言われる高齢の女性。 病院

グッモーニン 今朝は排水エラーで出来てな

グッモーニン 昨日はボチボチ過ごすと言い

グッモーニン 今朝はパン 厚焼き卵コッペ

グッモーニン 味噌汁作ってしまってから、