Blogs

脾(消化器系)が健康の源ですよ

中医学では、ヒトが生命を維持するのに必要なものに「先天の精気」と「後天の精気」があると考えています。

先天の精気は、両親から受け継いだ遺伝的な素質ともいえるものです。
この先天の精気だけでは、ヒトは生きていくことができません。
ヒトは、毎日の食事から精気を作り続けて生きています。食事から得られる精気以外には、大気から得られる酸素(清気)も必要です。この二つが後天の精気です。

植物で例えると、植物の種が先天の本です。
でも、種はそれだけでは芽を出すことはできません。
種は土と水が与えられて、芽を出して成長できることができます。

ヒトに話を戻すと、種が腎に蓄えられている先天の精気で、土は脾(消化器)が吸収する精気になります。先天の精気もそれだけでは生命を維持することはできず、後天の精気の助けを借りて成長したり、生命を維持することが出来るのです。

この大切な後天の精気を補えない状態、食事が十分にとれない状態が続くと、無気力になってしまいます。脾には食べ物から栄養素を吸収する働きだけで無く、吸収した栄養素を全身に送り届ける助けをしたり、吸収した栄養素から気(エネルギー)・血・水を合成したり、血管から血液が漏れないように制御する働きがあります。

こんなに多彩な働きをしている脾ですから、脾を元気に保つのがとっても大切になるのです。

脾を元気に保つには、副交感神経優位な状態が必要です。
そのためには、ストレスをためすぎない、食事の時くらいは良く噛むこと、意識的に深呼吸をしてみるのもおすすめです。

脂っこいもの、味の濃いもの、冷たいもの、生ものを食べ過ぎないようにするだけで無く、副交感神経優位になるような生活習慣も大切です。

もし、胃腸の調子が悪くなってしまったら、漢方薬もイイです。
お腹が空かない、食べられない、お腹も空かず食べられない、吐き気や嘔吐があるなどの症状によって、原因も違い、使う漢方薬も違ってきます。

カラダが壊れてしまってからでは、遅いです。
早めにお手当してください。

壊れた器
お気に入りの器が真っ二つです・・・
悲しいです・・・



Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter