Blogs

身近にある薬草「イチジク」

身近にある薬草「イチジク」

生薬名:無花果(むかか)
イチジク実.jpgイチジク葉.JPG
茎や実から白い汁が出ますよね。この汁が皮膚につくと痒くなるんですよね・・・
薬用部位と採集時期
葉、果実。夏〜秋。
成熟した実はそのまま陰干しにする。葉は摘み取り、細かく刻んで陰干しする。
薬効と使用方法
①茎、葉の切り口より出る白い汁は、痔、イボに塗ると効果がある。
注意!!)健康な皮膚に付けると痒くなるので注意してください。
②乾燥した葉を入浴剤にすると、痔、神経痛、冷え性などに効果がある。
③果実を食べるか、乾かした実や乾かした葉を煎じて服用すると痔、便秘、二日酔いに効き、また消化を助ける。
関連記事:10月の養生
参考:民間薬の実際知識 村上光太郎著(東洋経済新報社)

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

グッモーニン 昨夜、我が家の近くでも朝ラ

RT @5MtVCNqNMYrujZ:

グッモーニン 土曜日恒例の焼鮭定食❣️美

グッモーニン 昨日、売れ残ったサツマイモ

@kiyo3sugimoto 芋買わなく