Blogs

身近にある薬草「南天(なんてん)」

身近にある薬草「南天(なんてん)」

南天写真.jpg
「南天」と聞いてすぐに思い浮かぶのは「南天のど飴」でしょうか?
 さて、この南天ですが、家の庭に良く植えられています。「難を転じる」から縁起が良いとされています。
 
 しかし、南天が庭に植えられるのには他にも訳があります。それは、生の葉の汁を飲めば食中毒に効果があるんです。生の葉を塩でもんで、その汁を飲めば吐剤にもなります。昔はトイレの近くに植えられることが多かったのも、理由があったのです。
 また、お赤飯などに添えてご近所などにお渡ししたのは、南天の葉に殺菌作用があるからです。生魚を笹の葉やひのきの葉で包むのも同じ意味があります。
 冷蔵庫の無い時代のすばらしい知恵ですね。
参考:徳島県薬草図鑑 徳島新聞社 村上光太郎
   よく効く民間薬100 マキノ出版 村上光太郎

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

グッモーニン 味噌汁作ってしまってから、

グッモーニン 昨日も打ち合わせ三昧な一日

@YAMASHITA_OK 残念です

グッモーニン 昨日いただいた、シャインマ

たこ焼き風、蒲鉾 コレも食べれて幸せ❣️