Blogs

飲み忘れも気になるけど、患者さんのやる気も大切

今日は節分ですね。

我が家では、こんなカワイイ鬼が出てきました。

鬼

この鬼、自分で豆もまきました。
自分で「鬼はそと、福はうち」って
楽しくて、仕方なかったみたいで、まいた豆を拾ってはまいてました。

こんな節分の日に薬局であった出来事を紹介します。

80歳代のおばあちゃん、自分で出来る事はするけど、適度に娘さんたちの助けも受けて一人暮らしをされています。
手芸が趣味で、今年の干支のサルも作ってくださりました。

お薬は、ほぼ飲み忘れなく飲めていたんですが、今回、残薬を持ってこられました。

こんなに残る事がなかったので、ご本人もちょっとショックのご様子です。

残らず飲んでもらうだけなら、日付も印字して、一回分をひとまとめにする方法があります。

一包化
これはボクの父の薬です

一応、そんな事もできますよとお話ししましたが、おばあちゃんは自分で薬の準備するのも仕事だからと今回はひとまとめにする事を見送りました。

お薬を毎日正しく飲む事も大切かもしれないけど、自分で出来る事をする、仕事や役割を持っておくのはもっと大切かなと思ったボクでした。

病は気からですから、やる気がなくなったらダメなんです、きっと。

さらには、

”女性には愛を
男性にはリスペクトを”

以前受けたPIPCのセミナーで聞いた言葉です。

両親に対しても、こんな気持ちで接しなければと思いますが、なかなかできないボクなんです。

☆柿の木薬局のホームページ

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676

☆処方箋FAXしてください
086-234-7600

インスタグラムもやってます!!フォローしてくださいね


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter