Blogs

7月最後だけど、7月の養生の復習を!!

今日は35度を超えた岡山市、明日は36度を超える予想が出ています。

今週は早くも夏バテとか暑さ負け、熱中症のような症状の方がポロポロ病院を受診されているようです。

夏バテって、お盆辺りから多くなると思ってましたが、今年は早いような印象もあります。

今日で7月は終わりですが、今月お配りした柿の木通信「7月の養生」をもう一度見てみると、我ながらいいこと書いてあるので、ブログにもアップしておきます。

明日から8月ですが、暑さに負けずに、楽しみましょう!!

「7月の養生」

7月7日は七夕ですね。暦では小暑もこの頃で、だんだん暑さが本格的になって来るといわれています。7月23日は大暑で、いよいよ夏本番の暑さになります。

 7月は梅雨が明けて、強い日差しとともに気温が一気に上昇するので体調を崩しやすい時期です。小暑の頃から、暑さ対策を始めると、カラダも暑さに慣れやすくなり、夏を元気に過ごすことができます。

 夏は「血」の巡りが盛んになります。五臓の「心」が活発に働く季節で、「心」にかかる負担も大きくなります。

 暑さで大量の汗をかくと、体の「水分」だけでなく「気(エネルギー)」も一緒に消耗すると中医学では考えます。水分が減るので「血」がドロドロになるだけでなく、「気」も消耗するのでエネルギー不足になります。「水」と「気」の不足は「心」の疲労をまねくことになります。動悸や息切れ、不整脈、疲労感といった不調が起こりやすくなります。

 また、日本の夏は暑さだけでなく、湿気も高いので、体の中にたまった「熱」と「湿(余分な水分や汚れ)」を上手に取り除くことが大切です。体の中に溜まった過剰な熱は、熱中症などの原因になるだけでなく、イライラや不眠の原因にもなります。十分に眠れないために、疲労や怠さに悩まされることになります。睡眠不足は、「血」の不足の原因にもなります。特に女性の方は冷房病の原因にもなるので、気を付けて下さい。

 最後に注意して欲しいのが、冷たいものの飲み過ぎ、食べ過ぎです。冷たいものを頻繁に大量に摂取すると、体の中で冷たい食べ物を体温と同じ温度まで上げるために余計なエネルギーを使います。その結果、エネルギー不足が進んでしまい、食欲不振や身体の怠さがとれなくなる原因になります。

ひまわりお疲れ
ひまわりもこの暑さでダウンですね~

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676

☆処方箋FAXしてくださいね
086-234-7600

インスタグラムもやってます!!


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

今夜は奥様、急な残業らしく オトンの晩御

飲んだことあると思うけど、覚えてない。

本日もお疲れ様でしたーーーー 渋いのが残

グッモーニン 今朝のフルーツはすもも?

RT @taiseido_ookawa: