Blogs

乾いたお餅を見て考えた事−3

箱根駅伝も終わってしまいましたね。というか、あっという間にお正月も終わったという感じですね。今年は、ゆっくりと箱根駅伝を見ることは出来ませんでした・・・残念

その代わり、本を一冊読みました。「永遠の0」です。今、映画も公開されています。とっても、良かったです。なぜ良かったかは、長くなるので書きませんが、子供達にも是非読んで欲しい一冊です。
永遠の0 (講談社文庫)/講談社

¥920
Amazon.co.jp

皮膚の外からのケアの大切さの次は、内側からのケアについて書きたいと思います。

現代医学で、乾燥肌に処方されるのは、保湿剤や痒みを軽減する外用薬、ビタミンAが入った外用薬や内服薬、痒みを軽減する飲み薬といった所でしょうか。なかなか、乾燥しやすい体質を改善するようなお薬はないように思います。

中医学で、乾燥肌などのドライシンドロームを考えてみると、陰虚(いんきょ)という状態と考える事が出来ます。
陰虚とは、陰液が不足している状態です。陰液はからだを構成している液状の成分(血液も含まれます)で、生命活動を維持するのに必要不可欠な物です。そして、陰液はからだの様々な部分を潤したり、栄養を補給したりするだけでなく、精神的には落ち着かせる働きもあります。イライラしたり、ドキドキしたりしたときに、「ま、水でも飲んで落ち着きなさい」というあれです。陰液は心身に潤いをあたえるのです。

陰虚になる原因は、生まれつき陰液が不足している、陰液を補充するのが不十分、精神的なストレスが多い、慢性的な病気がある、熱が続いているなどがあります。

陰虚の症状も様々で、乾燥肌などのドライシンドロームの症状だけでなく、痩せたり、コロコロ便、便秘、空咳、ドキドキして眠れない、手足がほてる、午後になると微熱が出るなどの症状もあります。

中医学では、何が原因で陰液が不足しているのかを考えて、対処をしていきます。同じ陰虚でも治療方法、使う漢方薬は異なってきます。

ぷるぷる
今日から仕事の方、心にも潤いを・・・子供の肌って、本当に気持ちいいですよね~

からだの内側からのケアは漢方薬だけじゃありませんよね。台所にある食材で潤いを補うのに良い食品のことは、次回に書きたいと思います。


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

疲れるんですと言われる高齢の女性。 病院

グッモーニン 今朝は排水エラーで出来てな

グッモーニン 昨日はボチボチ過ごすと言い

グッモーニン 今朝はパン 厚焼き卵コッペ

グッモーニン 味噌汁作ってしまってから、