Blogs

半夏生ということで、庭に半夏がある事を思い出しました。

今日は半夏生(夏至から11日目)ということで、庭に半夏(植物名はカラズビジャク)がある事を思い出しました。

ちゃんと生えておりました。

花も咲いていました。

半夏1

半夏2

カラスビジャクはミズバショウやカラーと同じサトイモ目の仲間です。

この植物の塊茎を半夏と呼んでいて、漢方薬に使います。

これだけをかじると、とんでもないえぐみに襲われます。

でも、不思議なことに生姜と一緒に煎じると、そのえぐみはなくなります。

ですから、間違って半夏をかじってしまったら、生姜をかじるように言われます。

体質で、えぐみをすぐに感じるヒトとなかなか感じないヒトがいます。
水毒体質(余分な水分が溜まっているヒト)はなかなかえぐみを感じません。

漢方薬の中では、半夏はせきを鎮めたり、痰を出しやすくしたり、吐き気を抑える作用があります。

ちなみに、この半夏をかじるのは、漢方の世界では新人時代に必ずやらされる行事です。

運動部でサロメチールをあそこに塗られるのと同じ感覚です・・・

☆柿の木薬局のホームページ

☆柿の木薬局へのアクセス

☆柿の木薬局の営業時間
月・火・木・金:9:00~19:00
水・土:9:00~13:00

☆漢方相談、承ります(^_^)
086-234-7676

☆処方箋FAXしてくださいね
086-234-7600



Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter