Blogs

衛気を高める衛益顆粒

衛益顆粒(えいえきかりゅう)は玉屏風散(ぎょくへいふうさん)という処方をもとに作られています。
玉屏風散という名前には、風邪(ふうじゃ)が入るのを防ぐ「屏風(びょうぶ)」のような働きをする素晴らしい宝=「玉」という意味があります。
玉屏風散には、黄耆(おうぎ)、白朮(びゃくじゅつ)、防風(ぼうふう)という3つの生薬から出来ています。黄耆には皮膚や粘膜を強化する働きがあります。白朮には胃腸を強化してエネルギーの補充を促進する働きがあります。防風にはからだに悪さをする風邪(ふうじゃ)をからだの外に追い出す働きがあります。この3つの生薬の働きが合わさって、からだのバリア機能のもとになる衛気(えき)を充実させて皮膚や粘膜を丈夫にし、免疫力をアップして病気の侵入を防ぎ、病気の予防や治療に効果が出るのです。
衛益顆粒20130304.jpg
90包(30-45日分) 8,400円

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

@nogiku_yoshi そちらまで届

RT @kakinokip: アポロンだ

今朝、店の郵便物に自分の店のチラシを発見

@kiyo3sugimoto ダビデの星

グッモーニン 昨夜はサッカーの強さに驚き