Blogs

10月の養生

10月の養生
「秋は乾燥で肺が弱る」

 秋は新米をはじめ、いろいろ美味しい物が多い季節です。夏の胃腸の疲れも一段落して、食欲が増してきますね。しかし、秋は朝夕と昼の気温差が激しく、空気も乾燥します。秋にもっとも気を付けたいのが、この空気の乾燥です。皮膚のかさつきや痒み、ひびわれ、髪のぱさつき、ドライアイ、唇の乾燥、口の渇き、鼻詰まり、空咳、くしゃみ、便が固くなるなどの症状は、乾いた空気が原因です。
漢方では、この空気の乾燥を「燥邪」と呼びます。今年の夏は大変暑かったので、多くの人がクーラーを長時間使用したのではないでしょうか。夏の間からクーラーの乾燥した冷えた空気を吸っていたので、肺は乾燥しやすくなっていたと思います。さらに猛暑で疲れも溜まっていた。こんな状態で、秋に突入して朝夕の気温の変化に体が着いていかず、秋の空気の乾燥にやられてしまった方が多いのではないでしょうか?
空気が乾燥すると鼻や呼吸器を守っているの粘膜の働きが低下して、細菌やウイルス、花粉などの影響を受けやすくなります。その結果、口や鼻、のどは炎症が起きやすくなり、風邪などの呼吸器感染症や喘息になると考えられます。また、朝夕に冷え込むことで汗が減り、皮膚から排泄していた老廃物や水分の代謝を口や鼻など呼吸器が肩代わりすることになり負担が増えます。これも鼻炎や呼吸器トラブルの原因になります。
 この時期の養生は燥邪から体を守り、本格的な寒さに備えて免疫力を高める事が一番です。
そのためには・・・
辛味のある食材を添えて、体を温め、消化を促進し、胃腸の負担を軽減します。
辛味の食材の代表である薬味は、タンパク質の消化吸収を助け、腐敗やカビを防ぎます。
呼吸器が弱りやすい秋は、根菜類の煮物や汁物、秋刀魚などの魚料理にネギ、生姜、大根おろし、七味唐辛子などの薬味をたっぷりと添えていただくのが秋の食事養生です。
さんま.jpg

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
めがね店長

めがね店長

カテゴリー

Twitter

グッモーニン 味噌汁作ってしまってから、

グッモーニン 昨日も打ち合わせ三昧な一日

@YAMASHITA_OK 残念です

グッモーニン 昨日いただいた、シャインマ

たこ焼き風、蒲鉾 コレも食べれて幸せ❣️